会社概要(Company)

製造

コンプライアンス重視の品質保証体制

厳しく衛生管理された製造エリアを構築。
最新の設備と確かな技術で優れた医薬品の製造プロセスを確立しています。

拡大するジェネリック医薬品の需要に対応し、安定的に供給するため、自社製造を開始

ジェネリック医薬品の需要拡大に対応するため、当社では、協力関係にあるサプライヤーとの連携を維持・強化するとともに、安定的な供給体制を確立するため、自社によるジェネリック医薬品の製造を開始しました。
ソフト・ハードの両面から最新の生産ラインを構築し、GMP※対応製造管理システムの導入のほか、製造工程の徹底的な効率化・オートメーション化を図りました。

   ※GMP:医薬品の製造管理及び品質管理の基準


安全で高品質なジェネリック医薬品を患者さまのもとへ

患者さまに安心してお使いいただけるジェネリック医薬品を作り続けることが、私たちの使命です。
そのために、GMPの厳格なルールのもと、訓練されたスタッフが最新の設備を用いて徹底した品質管理を行っています。

・品質管理

生産される医薬品に対して、原材料の受入試験から製品の出荷試験まで、GMPに基づいた厳格な品質管理体制のもとで検査を実施しています。優秀な試験者が最新の分析機器を用いて、品質チェックを厳しく行い、患者さまが安心して服用できるよう、常に心がけ、品質確認を行っています。

・品質保証

GMPに基づき、適正な教育訓練を定期的に実施し、製造部門及び品質部門のGMPレベルの向上に努めています。
また、工場にて生産された製品の出荷に関しては、製造管理及び品質管理部門で行われた製造・試験結果について、品質部門の責任者と市場出荷判定者による厳格な判定がなされた後、製造所から物流センターへ出荷されます。