会社概要(Company)

情報提供/安全管理/品質保証

安心、信頼を支える情報提供・収集体制

ジェネリック医薬品の更なる使用促進のため、医薬品の適正使用に関する情報を詳細に収集。最新情報の提供により、患者さま、医療機関、保険調剤薬局の方々から信頼されるジェネリック医薬品の普及に努めています。

最新の医薬品情報を経験豊富なMRが的確にご提供

医薬情報担当者(MR)は、ジェネリック医薬品の添付文書、インタビューフォーム、製品情報概要などの基本的情報をはじめ、これらを補うさまざまな製品情報のエキスパート。全国の10の支店を拠点としたMRたちが、的確かつ速やかに情報をご提供しています。

優良なジェネリック医薬品を提供するための信頼性保証体制

信頼性保証部門は、倫理観を高く維持し、良質なジェネリック医薬品を市場に出荷するため、医薬品医療機器等法、GMP、GQP、GVP等の法令を遵守いたします。

ジェネリック医薬品の未来を握るのは「安全性」

医薬品は、ヒトの生命と健康に直接関わる生命関連商品です。
医薬品が適正に使用されるためには、医療の最前線を担う医師や薬剤師に、その有効性、安全性、品質などに関する情報を的確かつ迅速にご提供する必要があります。
当社は、ジェネリック医薬品企業として、医療現場で使用される医薬品の有効性、安全性等について、GVP※を遵守し、医療関係者が経験する有害事象に関する情報、あるいは、文献・学会情報、研究報告等を収集し、その情報を適切に評価した上で検討を行い、必要な安全対策としてそれを医療機関、保険調剤薬局へフィードバックすることにより、医薬品の適正使用に努めております。

 ※GVP:医薬品の製造販売後安全管理の基準

より高度な品質保証システムの構築を目指す

当社は、“客観的な科学的根拠”に基づき、製造販売するジェネリック医薬品の品質保証を実践し、医薬品医療機器等法・GQP※省令・GMP省令等の法令遵守はもちろんのこと、患者さまの立場に立って医薬品の品質を守っております。 また、患者さまからのご意見・ご要望を率直に受け止め、さらなる医薬品の信頼性向上を目指しております。

 ※GQP:医薬品の品質管理の基準