MINOX
壮年性脱毛症における発毛剤 第一類医薬品

ミノキシジルローション5%「JG」

作用

ミノキシジルは当初、内服の抗高血圧薬として開発されました。服用した一部の患者で多毛症を生じることが見つかり、この症状を利用してミノキシジル外用発毛剤が改めて開発されました。ミノキシジル外用発毛剤は、毛包を大きくして毛幹を太くし、ヘアサイクルの成長期を刺激・延長させて毛髪を長くし、その数を増やします。

作用

成分・分量

100mL 中 ミノキシジル ・・・ 5g
添加物:エタノール、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、pH 調整剤

効能・効果

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。

〈この医薬品の対象となる壮年性脱毛症〉

本剤は、以下のようなパターンの脱毛あるいは薄毛に効果があります。

この医薬品の対象となる壮年性脱毛症

注)脱毛範囲がこれら以上の場合には効果が得られない可能性があります。

用法・用量

成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。

    注意

  • 用法・用量の範囲より多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。定められた用法・用量を厳守してください(決められた以上に多く使用しても、効果の増加はほとんどなく、副作用の発現する可能性が高くなります)。
  • 目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
  • 薬液のついた手で、目等の粘膜にふれると刺激があるので、手についた薬液はよく洗い落としてください。
  • アルコール等に溶けるおそれのあるもの(メガネわく、化学繊維等)にはつかないようにしてください。
  • 整髪料及びヘアセットスプレーは、本剤を使用した後に使用してください。
  • 染毛剤(ヘアカラー、毛染め、白髪染め等)を使用する場合には、完全に染毛を終えた後に本剤を使用してください。

塗布方法

1回の使用量(1mL)を以下1~5の方法で塗布してください。

  • ボトルを立ててキャップを真上にはずし、回転部を矢印の方向に回して突起を「●はかる」マークに合わせます。

    キャップを回したり、斜めにはずすと、故障の原因になります。
    マークをこえて無理に回すと故障の原因になります。

    塗布方法1
  • ボトルが真下を向くよう逆さにします(2~3秒程度)。逆さにすると薬液1mLがたまります。

    逆さにした後ボトルを振らないでください。
    薬液がたれる可能性があります。

    塗布方法2
  • 薬液がたまった後、ボトルを真下に向けたまま回転部を矢印の方向に回して、突起を「●ぬる」マークに合わせます。「●ぬる」マークに合わせることで、1回の使用量(1mL)が計量されます。

    回転部の突起がしっかり「●ぬる」マークに合っていないと、1mL を正しく計量できません。また、塗布する際、一度に多量の薬液が出たり、ボトル本体から1mLを超えて薬液が出続けてしまう場合があります。

    塗布方法3
  • 逆さのまま回転部の先端を頭皮に垂直に軽く押し当てると、薬液が出てきます。薬液が完全に出なくなるまで、髪の薄い部分にトントンと 1~2cm 間隔で塗布してください。

    「●はかる」マークに合っているときは、回転部の先端が押しこめない仕様となっており、無理に塗布すると頭皮をきずつける可能性があります。

    塗布方法4
  • 使用後は、回転部の突起を「●ぬる」マークに合わせたまま、キャップを閉めて保管してください。

    保管時、回転部の先端に白い結晶が付着することがありますが、製品の品質に問題はありません。結晶があらわれた場合は、ふきとってからお使いください。
    保管状態により、薬液が変色(微黄色)することがありますが、製品の品質に問題はありません。

※誤飲防止のため、回転部とボトルははずれにくくなっております。
※イラストはイメージです

使用上の注意

してはいけないこと

守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こる可能性があります。

  • 次の人は使用しないでください。

    1. 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
    2. 女性。[日本人女性における安全性が確認されていません。]
    3. 未成年者(20歳未満)。[国内での使用経験がありません。]
    4. 壮年性脱毛症以外の脱毛症(例えば、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)の人、あるいは原因のわからない脱毛症の人。[本剤は壮年性脱毛症でのみ有効です。]
    5. 脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている人。[壮年性脱毛症以外の脱毛症である可能性が高いです。]
  • 次の部位には使用しないでください。

    1. 本剤は頭皮にのみ使用し、内服しないでください。[血圧が下がる等のおそれがあります。]
    2. きず、湿疹あるいは炎症(発赤)等がある頭皮。[きず等を悪化させることがあります。]
  • 本剤を使用する場合は、他の育毛剤及び外用剤(軟膏、液剤等)の頭皮への使用は、避けてください。また、これらを使用する場合は本剤の使用を中止してください。[これらの薬剤は本剤の吸収に影響を及ぼす可能性があります。]

相談すること

  • 次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。

    1. 今までに薬や化粧品等によりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
    2. 高血圧の人、低血圧の人。[本剤は血圧に影響を及ぼす可能性が考えられます。]
    3. 心臓又は腎臓に障害のある人。[本剤は心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性が考えられます。]
    4. むくみのある人。[むくみを増強させる可能性が考えられます。]
    5. 家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人。[壮年性脱毛症の発症には遺伝的要因が大きいと考えられます。]
    6. 高齢者(65歳以上)。[一般に高齢者では好ましくない症状が発現しやすくなります。]
    7. 次の診断を受けている人。
      甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)。[甲状腺疾患による脱毛の可能性があります。]
  • 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。

    関係部位症状
    皮膚頭皮の発疹・発赤※、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
    精神神経系頭痛、気が遠くなる、めまい
    循環器胸の痛み、心拍が速くなる
    代謝系原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
    ※頭皮以外にあらわれることもあります。
  • 6ヵ月間使用して、次のいずれにおいても改善が認められない場合は、使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
    脱毛状態の程度、生毛・軟毛の発生、硬毛の発生、抜け毛の程度(太い毛だけでなく細く短い抜け毛の減少も改善の目安となります)。
    [壮年性脱毛症以外の脱毛症であったり、脱毛が他の原因によるものである可能性があります。]

  • 使用開始後6ヵ月以内であっても、脱毛状態の悪化や、次のような脱毛が見られた場合は、使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
    頭髪以外の脱毛、斑状の脱毛、急激な脱毛等。
    [壮年性脱毛症以外の脱毛症であったり、脱毛が他の原因によるものである可能性があります。]

その他の注意

  • 毛髪が成長するには時間がかかります。効果がわかるようになるまで少なくとも4ヵ月間、毎日使用してください。[ミノキシジルローション5%製剤の有効性は4ヵ月使用後から認められております。]

  • 毛髪が成長する程度には個人差があり、本剤は誰にでも効果があるわけではありません。

  • 効果を維持するには継続して使用することが必要で、使用を中止すると徐々に元に戻ります。[本剤は壮年性脱毛症の原因を取り除くものではありません。]

セルフチェックシート

ミノキシジルローション 5% 「JG」のご購入は、薬剤師が承ります。
セルフチェックを行い、このシートを薬剤師までお持ちください。

セルフチェックシートはこちら

製品に関するお問い合わせ先

日本ジェネリック株式会社 お客さま相談室
一般用医薬品専用TEL:03-5208-1707
受付時間:平日 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)