JGのサステナビリティ・CSR活動

トップコミットメント

医療の本質への追求と、
持続的成長の実現を通して、
社会に貢献してまいります

日本調剤グループは、1980年の創業当初から企業理念である「真の医薬分業の実現」に向けて、日本全国に良質な医療サービスを提供する調剤薬局事業をコアビジネスとして、医療に特化した幅広い事業サービスを提供してまいりました。また、日本ジェネリックは、日本調剤グループの医薬品製造販売事業の中心として、ジェネリック医薬品の研究開発・製造・販売を担ってまいりました。

我が国では超高齢社会を迎え、とどまるところを知らない医療費の増大により、世界最高水準を誇る医療保険制度の維持が危ぶまれています。その社会課題の解決に日本調剤グループ一丸となって取り組む中、日本ジェネリックは、有効性と安全性が確保され、経済性に優れたジェネリック医薬品を安定的に供給することで、日本の医療保険制度の持続可能性に貢献することを使命として企業活動に取り組んでおります。

代表取締役社長の写真
代表取締役社長 代表取締役社長のサイン

SDGsの17ある目標のうち、3番目に掲げられている「すべての人に健康と福祉を」は、あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し福祉を推進することであり、まさに私たちの本業の推進と持続的成長の実現こそが、SDGsの達成にも寄与するものと考えております。

また、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、生活活動、消費活動、教育活動などさまざまな社会活動が停滞する中において、「医療活動」はたとえどのような状況であろうとも、社会を支える上で絶対に止めることのできない大切な活動です。私たちは医療サービス提供企業としての強い使命感を持ち、そうした社会の要請に全社一丸となり応えております。

当社グループはこれまで東京証券取引所の一部上場企業として経済的価値を創出する一方で、持続的な成長により生み出された収益を医療の発展に投資してまいりました。引き続き医療の本筋を深く追求し、社会課題の解決に貢献するとともに、長期的視点に立った投資を着実に進めていくことで、さまざまな形での価値還元・利益還元を通じて、ステークホルダーの皆さまの期待に応えてまいります。

SDGsへの取り組み

当社は持続可能な社会づくりのために、国際社会の一員としてSDGsの目標達成に向けて取り組んでいます。

患者さまに

優先課題 ステークホルダーとのエンゲージメント
  • 安心して服用できる高品質で安価なジェネリック医薬品の提供
  • ジェネリック医薬品を安定的に供給することにより医療費の負担軽減へ貢献
関連するSDGs
貧困をなくそう すべての人に 健康と福祉を 住み続けられる まちづくりを つくる責任 つかう責任

社員に

優先課題 人材採用と育成
  • 事業の成長に必要な多様な人材の採用と多様な活躍の場の提供
  • 専門性を持ち、パートナーシップを発揮する人材の育成
  • 自ら変革を起こす自立型人材の育成
関連するSDGs
質の高い教育をみんなに 働きがいも 経済成長も パートナーシップで 目標を達成しよう
優先課題 ダイバーシティ&インクルージョン
  • 多様な働き方の実現
  • 健康経営の推進
  • 女性活躍の推進
  • 障がい者の雇用推進
関連するSDGs
すべての人に 健康と福祉を ジェンダー平等を 実現しよう 人や国の不平等 をなくそう 平和と公正を すべての人に

地域社会に

優先課題 地域社会への価値提供
  • 製造工場におけるクリーンエネルギーの利用による低炭素社会の実現
  • 製造工場における効率的な資源利用と廃棄物の削減による循環型社会の実現
  • 災害時におけるレジリエンスな医薬品提供体制の確保
  • 省エネルギーな建物設備、社用車の採用
関連するSDGs
貧困をなくそう すべての人に 健康と福祉を エネルギーをみんなに そしてクリーンに 産業と技術革新の 基盤をつくろう 住み続けられる まちづくりを つくる責任 つかう責任 気候変動に 具体的な対策を 海の豊かさを 守ろう 陸の豊かさも 守ろう
SDGs
  • レジリエントな医薬品提供体制
  • 雇用創出、女性活躍
  • 健康な生活の確保、福祉の促進など
日本調剤グループは持続可能な開発目標
日本調剤グループは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
矢印 矢印
経済的価値
  • 医療費の増加抑制
  • 適正な費用による医療の実現
矢印
社会的価値
  • 質の高い医療の実現
  • 未病、予防医療の普及