ジェネリック医薬品とは(About)

 
そもそも医薬品には薬局・薬店の店頭で販売される一般用医薬品と医療機関で使われる医療用医薬品があります。その医療用医薬品は、さらに新薬とジェネリック医薬品、その他に分類され、新薬は日本で最初に発売された薬で先発品とも呼ばれ、医学的・薬学的な面で医療に貢献。一方、ジェネリック医薬品は、新薬の再審査期間及び特許期間の満了後に厚生労働大臣の承認を得て発売され、後発品(後発医薬品)とも呼ばれており、その安全性・有効性は言うまでもなく、安価で経済的に優れているのが大きな特長です。

ジェネリック医薬品をもっとよく知っていただくために