生産体制

生産体制

需要拡大するジェネリック医薬品を患者さまへ安定的にお届けするために、適切な製造設備及び試験機器を備え、工場間の品目配置の適正化・ オートメーション化を図り、改正GMP省令を遵守した製造管理、品質管理体制のもと、高品質な医薬品の生産に取り組んでいます。

つくば工場
つくば工場
つくば第二工場
つくば第二工場

工場ごとの特性を活かし、効率化・機能分化を進め
市場動向に柔軟に対応できる生産体制

製造

少量多品種に対応する「つくば工場」と大規模生産に対応する「つくば第二工場」の2拠点体制。それぞれに製品を適切に配置し生産性の向上を図り、市場動向に柔軟に対応できる生産体制で安定供給を実施します。



高品質かつ安全な
ジェネリック医薬品を
患者さまのもとへ

患者さまが安心してお使いいただける高品質なジェネリック医薬品を作り続けることが、私たちの使命です。

品質リスクマネジメントを実践し、堅牢な医薬品品質システム(PQS)による適正な製造管理、品質管理を行っています。 品質部門は製造部門から独立し、品質保証と品質管理(試験検査担当)の組織で構成され、製品の安全性、有効性、品質の確保を図っています。

*PQS(Pharmaceutical Quality System)

品質管理

原料、包装資材の受入から、最終出荷に至る各工程において、改正GMP省令に基づいた品質基準で品質を管理し、出荷後の製品についても工場に保存している安定性サンプルで適切に試験を行い、使用期限内の品質をチェックすることで患者さまが安心して服用できるよう製品管理を行っています。

品質保証

品質保証

製品品質を確保するために、品質方針に基づいた品質目標を設定し、製造部門、品質部門をはじめ製造所の全ての従業員へ教育訓練を定期的に実施しています。
また、製造工程、原材料、製品の規格の妥当性を検証するために、定期的に製品品質を照査し継続的な品質改善を行っています。

バーチャル工場見学

つくば工場、つくば第二工場、つくば研究所の紹介動画です。
ジェネリック医薬品がどのように作られるのか、製造工程を追いながらご説明いたします。

バーチャル工場見学